韓国とキリスト教と

韓国にはキリスト教を信じる人が多いです。
つまり日曜日(キリスト教の人は主日と言いますね)に教会に行って
お祈りしたりイエスとキリスト教の神様を信じる人が多いです。

宗教持ってる人はほとんどがキリスト教。
体感的には、数じゃなくて比率で比べればアメリカより
キリスト教徒がいるかも知れない。・・・いや調べれば世界一のキリスト教徒保持国家だと
出るんじゃない?・・・調べるのめんどいし書きたい事だけ書いて出かけたいから調べないが














まあ、それで、キリスト教の何がいいかと言うと、
やっぱりイエスの言葉で、その中でも愛について語った言葉が
一番 学びがいのある言葉だし、実生活に取り入れれば有益だろうと思う。

愛についての教えこそが、きっとキリスト教の最高の教え。
他の教えは無視していいです。特に不信者は地獄行きだとか罰あたりとか。
こう言えるのは私がキリスト教は信じてないからだけどねー イエスさんだけ気に入ってる。

しかし肝心の愛の教えよりも、キリスト教を広めるのにもっとも効き目のある教えは
地獄に関する教えとか罰とか、神の恐ろしさとかそういう類でした。たぶんほとんどの
宗教がそうです。キリスト教は「神はあなたを愛しています」が一番の売り文句ですが、
稀に「信じなきゃ地獄行きだから早く信じろ」を全面に出してる布教もいます。昔多かったな。

これを書いている私も、幼きころ親戚の人に連れられ、
着いたところはキリスト教の布教をしている講演会。
色んな事を2時間にかけて、キリスト教の教えを丁寧に
話してくれたーと思いますが、一番印象に残ったのは
黙示録の話と世界の終末、そして神様を信じない人は
その時に救われなくて永遠に地獄に落ちると言う予言。

それ以外も聞けば得になるような話もあったと思いますが、
幼き子供だった私には怖い話だけが胸に刺さったままになりました。
信じないと罰を与える神様の存在が無意識に刻まれたわけなのです。

そんで教会は多いし、気軽に行ってみれば先生とかが歓迎してくれて
遊び(?)とかに混ぜてくれる、超お気楽なところが小学生にとっての
教会なので、遊びで来る人が多かったです。そういう奴の中で
10年も20年も信じる健気な信者が出るわけで。

私も真面目では無かったのですが一応教会に出て、
一応祈って、一応おこづかいから少し献金をして…
一応やってても長くやれば堅実な信者になりますよ。
宗教と言うのは何かとんでもない教えに魅了されるとか
すごい勢いで信じるとかだと怪しいですね。あくまでも
普通で、間近で、生活であってこそが宗教生活が出来る
わけで…その信心って奴を生活の中に取り入れて生きて行くのですね。

そういうのは理想だと思うけど、ぶっちゃけなんとなく信じている人には
神社に行ってお祈りしてお金投げて新年の幸運を祈るような事と
同じ感覚だからーーーー 私はやった事ないけどね・・・やってみたい…


私は神に捨てられるのが怖いから教会に通っているー
と気づいた時は馬鹿馬鹿しくてやめたけどねー
そんで中学の時からは無宗教です。





こう書くと、とてもネガティブな事のように思えますが
私が嫌いな「神が罰を与える」と言う教えから入る人は
少なくて、もっと崇高な教えとかが気に入って信じている
人も多いと思うのです。尊敬できる人格の持ち主も多いわけだし、
まあ、キリスト教も色々な宗派があって、その中では変なとこもあるけど…

つまり、いい教えを実生活に生かし皆を幸せにできる、
立派な宗教人もいるから全面否定が出来ないわけですね。
宗教と言うモノは歴史上も副作用のほうがすごく多いと思いますが、
実際、いい作用をしているとこでは、いい作用をしているわけだから…


つまり、私はキリスト教は好きじゃないけど、
それを信じていて立派に活用している人は嫌いじゃないし、
むしろすごいと思って尊敬しちゃいますね。無闇に排斥は出来ない。




さて、あまりにも更新がないから
思い出した事をダラダラと書いてみたけど、
どうやってオチをつければ…




そうだー
最近読んだ本で、こういう話をみました

*ある黒人男性が、白人の教会に入ろうとしたが拒否された。毎年彼は受け入れてもらえるよう志願したが、毎年違った理由で断られた。しまいに彼はひざまずいて祈った。
「イエス様、私は長い間一生懸命この教会に入ろうとしました。でも彼らは私を受け入れてくれません。助けてはくださいませんか?」
「がっかりしてはいけないよ、ジョージ」、イエスの声が返って来た。「私はお前よりも、もっともっと長い間、あの教会に入ろうとしてきたが、彼らは私も入れようとはしないのだよ」*

これは素晴らしい物語です。まさか教会に通っている人で本当にキリストの教えを無視するような(一番有名な台詞が「愛せよ」なのに…)人がいるとは思いませんので、こう極端的な事例は無いですが、これだけキリスト教を信じる人が多いと、キリスト教を信じると言い、教会に通っていると言ったって、キリストの教えに沿った生き方と行動をする人とは限らないのです。

私たちはこういう愚を犯さないようにしましょう。
キリスト教の話じゃなく、あらゆることで、です。







って嫌韓の話をしなかったので、もうちょっと何か書こうか。やめようか…
やっぱりまた今度。
[PR]
by no_tenki | 2005-11-30 19:24
<< ドラゴンラージャの紹介 「竜馬が行く 読了」の嘘 >>