<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ここだけ嫌日(わりと真面目)
「日本の放送局に騙された」女性格闘家イム・スジョン激情吐露

韓流云々はともかく(爆)視聴率のためならなにやってもいいっちゅーか…
出演するひとがいないから?騙すって構図が、なんか○○みたいっつーか…
真面目に考えると涙出てくるっつーか…どんな奇襲だ…宮元武蔵相手かよ?!

あまり関係ないかもしれないが、よかった記事

なでしこ報道で露呈したニッポンの未熟な女性観

決勝戦の前だったが、日本にいたとき朝のテレビ見たら彼女たちに
たしかそんな質問してたので、(サッカーが恋人ですかねーみたいな話でしめてた)
別の質問したらもっと面白い話掘り出せただろうになーとは思ったんで。そだそだーと。

誤解されるかもしんないので付け加えると、たまたま徹夜仕事で起きてて
TLに(アメリカのほうのサイトの)日本VS米国の試合の動画観れるサイトの
URLが流れてきたから、たまにカクカクしたけど熱心に見てたし、
最初からPKになるまでは日本応援してたし(そっからはもう天地神明に託した)
なでしこという呼称には文句ないです(なぜなら機動戦艦のイメージが強いからだ!)

あとこういう記事に対してみなさんが言うだろうツッコミ(?)に対して先に答えておくと
「隣国よりはマシだ」と思うことで身近な問題から目をそらしてないか。ってことです。
たとえば日本の汚染への無対策ぶりを非難されたからと中国の核実験問題の動画なんかを
ユーチューブにアップして「日本の比じゃない!」と書いて悦に入ってるって完全に…
頭がどうなってるのか不思議というか…まあ現実逃避なんだろうけど・・・
ところで意外と良動画だったので勉強になりました。ありがとうございます。
(釣りだと思って投稿動画クリックしたら、まったく真面目な方でしたが・・・)

他国と自国を切り離して「こっちは良い国」って線引きするの、もうやめませんか。
みんなの問題なのにね。まあ韓国も経済的な結びつきがあるので隠蔽に同調中だが…

(ツイッターからの感覚だけれど)怒っちゃいけない雰囲気があるので、
児玉龍彦教授の言葉には救われたような気持ちになったというか…
他人事で悪いけど、日本に模範を示してもらわなきゃ、仮に韓国で事故が起きても
同じようなことになる可能性がぐんと増えるわけですし。(個人的には原発全廃派ですが、
推進派なら推進派だからこそ、リスクに最大限対処し、責任を取るべきだと思うのです…)

なんかいいたいことがいろいろ出てきたが、こんなはずじゃなかったので、ここまで。

ps) また関係ないがえらい動画があった。199X年の世界にならなかったのが不思議

ps2) 中立ぶってるような記事を見つけたので、ちょっと追加
時間あったら未抜粋部分も読んでね。機械翻訳ポチっと。
おれは時間がない!!!! ←またこのパターンか
[PR]
by no_tenki | 2011-07-29 15:25
第15回プチョン国際映画祭で

「電人ザボーガー」と「デッドボール」を観ました。お勧めです。

個人的には社会風刺になっているところが面白かった

(別にそんな映画ではありませんが、読み方の一つとして)

詳しくは スシタイフーン (*音量注意)

あと「極道兵器」の原作リスペクト具合が半端ねぇ!びっくりしますよ(笑)

あ、原作未読でもびっくりします(笑)こんなに面白くなるものなのか~

原作知ってても知らなくても満足できる…(ザボーガーもそうですが)

ザボーガーは10月公開、デッドボールは今月23日に銀座で公開(以降ほかの都市でも順次公開)
[PR]
by no_tenki | 2011-07-21 02:02
キム・ヨナの字幕

よくわかりませんが(見てねぇ) ← ぉぃ

さっき見た1個の記事によると(裏取りする時間ねぇ) ← ぉぃ2

×「私の夢をかなえるために、韓国を応援してください」 

○「私の夢をかなえる機会を下さったことに感謝します」

なんだかチョコレートのおじさんと似たようなものを感じる…中々の腕前だ!

TV朝日のデスクに、韓国アンチがいるのだろう…字幕のテクニションが!

そんな妄想。まったく汚い世の中だぜ。youtubeだけにしとけってんだ

ps) 裏取りは各自するのです(こんな記事に3分かけたくありません)
[PR]
by no_tenki | 2011-07-12 17:07
(努力次第で得られるかもしれない)かすかな成功の見込み
ライフログを追加いたしましたので、
お勧めどころを解説したいと思います。

ファーストフードネイション

最後の屠肉の様子は、大画面で見るとなかなか挑発的です。

しかし当時、映画館でこの映画を観た私は「肉食文化に警鐘を鳴らす映画か?」
とトンチンカンな感想を抱きました。刺激的な映像は、肉食は残忍なんだ!
と思わせる、一種のプロパガンダ的な役割を担うシーンなのだろうと。
そしてメキシコ移民の話が、あまりピンと来なかったのです。

完全に観方を間違えていたというか、あまり呑み込めなかった。

More
[PR]
by no_tenki | 2011-07-07 00:40