<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
なんでも反日の二文字で理解するのはよくないよね
こんなくだらない話を3回もすることになるとはね。
まず、先月ブックオフ(ソウル駅店)から拾ってきた
「東アジア・交錯するナショナリズム」からの抜粋↓

(超・前略)これは、別に民族主義の立場から日本に強硬姿勢を取っているわけでもないし、まして北朝鮮とつるんでいるわけでもない。韓国社会が民主化とともに冷戦を克服しようと行なってきた作業の当然の延長線上に、平和繁栄政策があり、対外関係の再設定がある。これを、冷戦時代にむしろ負担を逃れながら東アジアの「平和」にひたってきた(沖縄は除外されたが)日本社会が、韓国の利己主義としか理解できないならば、地域協力や共同体はおろか、平和の継続さえ危ぶまれるのではないだろうか。韓国の若者たちを見ると、日本人個人に対する親近感は非常に高い。日本の文化が好きだという人も多い。私が日本の学生を連れて韓国の大学を訪問しても、フレンドリーに接してくれて、日本語も上手だ。これは、全般的にもいえる傾向であり、韓国人は日本の政治家をまったくといっていいほど信用していないが、日本人一般への敵対感は強くない。(中略)朝鮮半島の実情をよく伝えていないマスコミの責任は重大である。竹島問題をめぐって、旗を燃やしたり、腹を切ったりする韓国人の映像を日本のマスコミは好んで伝えたが、そうした人々は右翼的な旧軍人などであって、歴史認識で冷静に日本との対話を望むような市民とは異なる。もしも、韓国のマスコミが日本共産党の回りにうろついているような右翼の害戦車ばかり写して「これが日本です」と放送したら、日本人は公正な報道だとは思わないだろう。だが、日本のマスコミはこれと近いことをしているのである。マスコミは「世論」とか「国民感情」といった言葉をよく使うが、それならば「民族主義」であるはずの韓国や中国と日本はいかほど異なるというのだろうか。そして「反日」という言葉自体、再検討すべきであろう。日本の政策が誤っている時、真の隣人であれば批判するのは当然であろう。ところが、批判する国、人をすべて「反日」のひとことで片付けるならば、もはや誰の隣人にもなることができない(後略)


転載終わり。今の韓国は「隣人」たるものでは決してない。冷戦体制に立ち返ることと、自己の利益を強固にすることしか考えていないような集団が指揮を取っている国だからだ。だが上記の本は2005年に出版されたもので、日本の報道と韓国の実像のズレやら、ノムヒョン大統領と保守派の関係やらを言及していて、「え、この時期の日本でこんなこと書いてる人いたんだ。というか、どうしてわかるの」と物珍しさを感じたので(だって日本の有名な人が書いた本って、いかにも政治家や新聞特派員としての立場から書いてるな~って本ばかりだと思ってた)応援代わりに買って来た…といいたいがブックオフで買っても意味ないよね。

More
[PR]
by no_tenki | 2009-04-23 04:42
下の「韓国の反日映画について」の追記

オソンホァさんとキムワンソプさんをあっさり切り捨てちゃってるな~
というのは自覚していますけど、持ち上げすぎるのもよくないですよ。
自業自得の部分を伏せて迫害された良心ある者のふりをするのって、
あなたがたも嫌っていることだと私は思います。だから盲信は禁物です。

「葉問」はストーリー的に日本人は悪者でしかないんですよ。実際の歴史とも違うから、
今中国共産党はああいうことをやっているのに、こんな歪曲映画で日本をやっつけてて…
…みたいなふうに突っ込むことはできますが、面白いし明らかにフィクションなので私はOK。
ただ、これも韓国が作ったら、突っ込みどころがすべて反日=嫌韓ネタになるだろうな。と。

つまり、皆さんは「反日映画」のレッテルを張り、日本が悪く出れば観客が入る…みたいな
妄想をしてるけど、「日本沈没」ぐらいのすごい題名でなければ、そんなん興味を惹けない。
「悪者の日本人を倒す」を売りにする映画があるなら、観客は足を運ばないということです。
「葉問」のような物語だと、情緒や価値観的に感情移入がしやすく、映画の展開的に最後、
悪役(日本人ですね)をやっつけて「痛快だった」と感じることができるわけです。結果、好評。
それを一概に「日本人をやっつけるのが楽しいから、そういう映画を見にいくんだ」ってのは…

「葉問」は「素手で日本に立ち向かった男!」というキャッチフレーズがパンフレットにあって、
(それより拳法を売りにしろよ)「いまどきこういうストレートなキャッチって、ありなのか?」と
言われてるし、どうも口コミが広まらない。ちゃんと魅力を伝えないと。抗日は魅力にならん。
だが、武術を期待して入ったのに、(日本が悪すぎるとウンザリするだろうな、とも思ってた)
しっかり物語りが立ってるから、主人公にちゃんと感情移入できて、悪役に対して怒りを感じ、
それがちゃんと爆発して終わる。単純すぎる善悪構造だが、いまどき珍しいし逆にイイ!と
思ったわけで、結果「日本人空手家を倒して痛快」ってことになりますが、反日かな…とね。
しかし、これ韓国がやったら、「極悪反日映画」になるのは間違いないな。とね。…偏見か?

韓国だって皆さんの妄想するような「反日」的なのやったら、誰も近づきたがらないだろう。
ということを話したくて、風のファイターって男優が売りだったんだよ…と話したわけですが。
「狂ってるのは一部でオレはまともだ」と言っているつもりではなくて、オレが感じたことを
書いただけってことをわかってほしいですね。韓国だと「葉問」のストーリー見ただけで
ウンザリする人いるし。やはり「今中国は日本倒している場合じゃない」って感じで。
でも俺は観て、中国は尊敬に値すると思った。なぜなら…(それは既にに書いた)
[PR]
by no_tenki | 2009-04-21 00:38
韓国の反日映画について (香港のカンフー映画を観て思い出した)

『葉問』というカンフー映画を深夜上映で観てきたが、かなり気に入った。

More
[PR]
by no_tenki | 2009-04-18 07:46
俺の抱く偏見やら妄想やらを、もう少し書かないといけないようだ。

ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが…
この『レンズ』、自分が思っているよりも
お互いの距離は実際はずっと近いみたいだぜ by ジャイロ・ツェペリ



前回の記事で「特定人への愚痴」だった部分のつづきを書きました。
なぜ?余計な人を心配させたり反省させてしまったみたいだからです。
もうちょっと的を絞って書きますから、普通の人々は安心してください。

…のつもりだったけど、複数人がこっちゃになっててカオス状態ですが(苦笑
まあ、そもそも、「俺はこんな頭おかしいから察してくれよ」のつもりだったんで。

More
[PR]
by no_tenki | 2009-04-15 04:32