久々に韓国映画を観てきた

The Good、The Bad、The Weird (タイトルからしてパロディ)

韓国映画にはあまり興味が動じないタチだが、(韓国映画で)ウェスタンということだっだし、
列車の中に立つイ・ビョンホンのヴィジュアルからプロシュート兄貴を連想したので(笑)
公開されたばかりの「いい奴、悪い奴、変な奴」を観てきたのだが、嫌韓ブログ(?)的に
注目すべき箇所があったので、ここに書くことにします。(映画の全般的な感想ではない)

ズバリ「いい奴」に値するゾン・ウソンが「日本軍ばかり」執拗に撃ち殺すシーンがあるのだ。
別に日本軍ばかりじゃなく色んな奴を撃ち殺しても良さそうな状況だが、(詳細は省きます)
あえて日本軍ばかり撃ち殺すことに、日本人の観客なら当惑するかも知れないと思った。
何せこの映画、日本軍は出てくるが、(時代的には日本帝国軍が悪者な時代だとしても)
本編的に、特に日本軍との因縁はない。それで、唐突に思われるかも知れないと思った。










実のところ、唐突な場面ではなく、とても自分のことをしゃべることが少ない「いい奴」だが、
(彼だけでなく、3人の登場人物全員がそうなのだが)少し自分のことを話す場面があって、
しかし結局、最後まで話さずにやめてしまうシーンがある。そして帝国軍への攻撃シーンは、
この台詞の延長線にある。台詞ではない「行動」としての、言いよどんだ言葉の続きである。
解答というよりは暗示に過ぎないが、彼が話さなかったことは、この「行動」から推測できる。

朝鮮とか独立とかに全く興味がない人物ばかりがうざうざ出てくるこの映画で、ただ1人、
日本への個人的な恨み(推測)を晴らす彼のシーンは目立つが、彼のとても短かった
自分語りの台詞を考えて、唐突なシーンではないことを、わかって貰いたいと思う。
彼というキャラクターを、台詞ではない行動で表す、とても重要なシーンなのだ。(この
シーンがなければ、彼の内面は、ライバルである他の2人とあまり変わらないものになる)

独立軍に雇われながらも、あくまでも金のために、実利のために動くふりをしている彼は、
実は個人的な正義感もしくは過去の感情によって動いているのではないか。と推測できる。
人物の過去や内面といったものに対する説明がまったくない(からこそ楽しめる)映画
なので、あくまでも推測の域を出ないが、少なくともその推測を可能にするため、
彼のキャラクターを表現するためには、絶対的に必要なシーンなのである。

このようなシーンが、当ブログのような嫌韓ブログ(?)を見るような方々にとっては、
「韓国映画だから日本軍に銃を撃った」だとか「やはり韓国映画で日本はやられる」
などの嫌韓常識によって一般化され、「反日映画」になってしまうのではないだろうか。
という考えが、ふいに思い浮かんだため、
(相変わらず、嫌韓に毒されているBlog主です)
その旨を、ここに記してみました。

もし、これから「奴奴奴」を観る予定がある方は、
「彼以外は、日本軍に対してこれといった感傷がないこと」
「別に無実な一般の日本人がいきなり撃たれたわけではなく、
 彼と日本軍の間には、語られていない因縁が存在すること」
などを彼の台詞と生活から嗅ぎ取ってもらえたらな。とか思ったりします。

しかしながら、こんな嫌韓(?)ブログを見るような人なら、そもそも韓国映画は観ないかも…
…映画の全般的な感想ですが、色んな映画へのオマージュがあったため、結構面白かった。
監督の前作(箪笥、甘い人生)も観てみたいと思った。どっちも趣味じゃないジャンルだけど。
[PR]
by no_tenki | 2008-07-19 21:10
<< ガッ 私はもう二度と絶望しない >>