なんとなく釈明

下の意見の方から、お返事いただきました~ …あっ。
なにはともあれ「いい足跡」だと言われて光栄です ^^;

この投稿は別に文句ではなく、ただの解説と言うか、
クレームでは決してないので、ご了承ねがいます。
(コメントで届けたいところですが、登録がどうも...)

まあ興味外でしたら聞き流して下さって結構なのです。













まず1

日本はグーグルがポピュラーだけど、
韓国でグーグルはまったく人気がない点。
「グーグル成功の秘訣」などの本は売れてるが。
検索エンジンの利用者数では、昔から少なかった。

検索エンジンの順位をつけるなら?
これは2003年の質問ですが、グーグルを
使ってる人は一人もいません。認知度低っ!

これはなぜかと言うと、日本語じゃグーグルは使えるが、
なぜかグーグルのシステムだと韓国語では
望んだ検索結果が得られない 場合が多かった。
(今はだいぶ改善されてるようだが...)

だから「ググる」などの日本独特の言い方を知っている、
日本のウェブ知識に詳しい方には違う感覚だろうけど、
なにせグーグルは韓国では使う人が少ないので。

Yahooも外国の検索エンジンだが、こちらは韓国語のポータルサイトが
あるし、Yahooの広告があるベンチとかを、街でみかけるとかもある。
しかしグーグルは昔はうまく検索できない検索エンジンだったし、
広告なども見かけないし、ポータルサイトの検索エンジンに慣れた
人には魅力がないのかも知れない。(そのシンプルさが魅力だがね)

そんな理由でグーグルは韓国ではいまいちなので、2006年になって
「グーグルの韓国市場への進出戦略」がどうのって話も聞くのである。

いちおうwww.google.co.krはあるが、使う人は限られている。
グーグル独特の機能のために、最近認知度が少しあがってるようだ。
これからに期待したいところです。

元々、「グーグル成功の秘訣」という本も韓国では、
グーグルを褒めて、すごい検索サイトだなと思わせて、
使わせようとする側面がある。広報スタイルなのだろうか。

以上の理由で、韓国にGoogleがあると言っても、私には
Googleには外国の検索エンジンという印象があります。
(Yahoo!はそんな事ないですが。) 実際に私がGoogleを
使い始めたのも日本語ウィンドウズを導入してからですし。


だから、
別に寝言を言ったわけでは、ないと思うのです。

しかし...
Simmaniなどを知っていることは、
すごいと思います。ほぼ忘れていた名前だw




それで、2についてですが、
検索結果に大きい意味を見出してないので、別にいいのですが、
私は「変な結果が多い」と言うツッコミだと、勝手に勘違いして、
「日本語で愛国を検索すれば、もっと変なのが多いじゃん」
と子供じみた対応をしてしまいましたが、私が愚かでした。



基本的に私は
「母語の感覚が正しくない」と言う意見に対し、
「それは違いますよ」と言いたかっただけです。

私も当方の意見をちゃんと理解してなかったようで、
お詫びしますが、
できれば私の書いた事に対しても、何を書いているのか、
それを見てから「戯言」や「寝言」と言う評価を下しても遅くなないと思うのです。



たとえ意味の無い遊びだとの言い訳と共にやった事でも、
私から下手に比べておいて、こう言うのは卑怯だと思います。

ですが、あえて弁解するために、改めて書くなら、
どの検索エンジンを使ったか、両国の検索結果はどうだったかは、
重要なことではないし、私は現実の事をお話しようとしていたのですから。





指摘して下さった検索エンジンの事は、文の趣旨では無いと言う事ですね。
あくまでのおまけ。 …できれば本文についてもお叱りをもらいたかったですがw
せっかくお返事もらったと思ったのに、本文については言及がなくて、
実に残念ではありますね…





私は脊椎反射刑の性格をしていて、
反対意見に答えるのは早いし、熱心のようですw (恥
[PR]
by no_tenki | 2006-04-18 03:39
<< 歴史の話?私にか。 韓国の愛国(ファイナル) >>