キムワンソプと韓国人
まずこれはキムワンソプさんの人柄を攻撃するために
書くのではないという事をわかってもらいたいです。
あくまでも私の立場では彼がどういう作家なのか。
どう感じるかだけを。書いてみようとしているまでです。

誰かが「昔に悪い事をした」「非常識な性格だ」
と言うことでまともな意見を黙殺したり、
今も悪い事をしてるに決まってると言う
考え方には賛同できないんです。

キムワンソプさんは10年以上前からPC通信をやってる
上の世代の人にはけっこう有名な人のようですが
若い世代には知らされていないようです。
(というかシラネーヨなんですがw)










キムワンソプさんが韓国のPC通信で活動していた時に
書いた文とかを読んだのですが、最初はコンピューター革命が
どうとか書いてたようですが、それで興味を集められなかったので
極端で刺激的な主題で、一見非常識と思われがちな事を書くのに
主力し始めたようです。「OSC同好会の会長が職権を利用し
企業から金を受け取った」(色んな人に論破された末に後から
根拠のない事だったと自分で認めている)「アホと結婚する女ども」
「ソウル大の後輩らに。君らはキムイルソンの息子に成り下がった」
「運動圏と宗教人の共通点」「全ての既婚女は専属売春婦」などなど
論争の火がつきやすい主題(運動圏、女性、宗教)だけ選び文を書きます

それも別に論争したいわけでもなく、たとえば女は売春婦だとの事を
ソウル大学の通信網で書いていた時に、当然強い反発が絶え間なく
ありましたが全て無視して自分が喋りたい事だけ喋っています。
「後輩は先輩の意見を傾聴すべし」と言う。先輩が忠告したら
「季節外れのオレンジーが何を言う」。自分の主張を強調するため
「わが妹が売春婦になると言えば止めはしない」と言ったが、
呆れた敵対意見の人が「じゃあ俺が使っても構わないってか」
と皮肉ったら「野郎、お前の母から俺に貸せ」と答える。
(これはどっちもどっちかもだが)話にならないって事が分かる。

日本についても時流にのって注目を集めるために
「1億5千万の蟻ども」「ギョンサンド人は日本の奴らと同じ」
などで日本に対し軽蔑を示したり扇動に利用したりしている。
(本気で日本嫌いと言うより自分の目的のために煽りたてている)
このような人が 「韓国の反日感情に洗脳されてそう言ったが、
後に豪州で本当の日本人に会い誤解が解けた」 と言ったとしても
信じられないというか、詭弁だと言われても仕方がないと思うんです。
本当だとしたら韓国人の責任ではなく、周り(韓国人)の話に耳を貸す事が
できない自分自身の責任で、日本を軽蔑していたはずです。(してないと思うが)

はっきり言ってこういう人とは関わりたくないし相手する価値がないと思う。
当時の人々もそう思い、キムワンソプは何回かの事件で注目を集めたが
やがてただの「スルー推薦」対象になってしまった。当然の流れである。
つまりキムワンソプは経験者はスルーする。知らない人は興味のない、
時代の狭間で一度光っては消えて行った程度の作家に過ぎなかった。

彼は人々の心を動かす事は目指しているが、自分本位な文しか書けなかったので、
人々の心に伝わる文はとうてい書く事が出来ない人物だった。それは哀れに思う。

過去形で語ったが最近復活してこういった活躍をしている。(知らなかったがこの方が
キムワンソプさんだった)彼を知らない人は「ただの頭の悪い人?」と思いそうな感じで、
さすがに扇動パワーが弱いけど、(数千人しか釣れなくて、一年も過ぎた記事を再活用し、
悪意的な注目を自ら拡大生産する言動は、彼の身の上が危険だから告訴するのでは
ないという事の証明である。彼がどういう政治的な後ろ盾を持ってるかは分からないが…)

私は右翼と左翼の違いも分からない。つうかごたごたしたのは嫌いなので
知りたくもないと言う(恥ずかしい事を恥ずかしげもなく書いてる気もw)人なので
自分で判明は出来ないが、韓国の理解のあるそうな人は「日本の右翼思想の人にとって、
韓国でも良心的な人は同じ考えを持っている。と言うのはとても有利で都合がいい事で、
こういう人を発掘し、待遇して自分らの思想の語り手にしている。代弁者に過ぎない」
とか言っていたが、そのまま書いてみたものの、真意以前に意味がよく分からない(笑)
つまり日本の右翼の人に都合が言い事を代わりに言ってくれてるだけで、
自分自信の言葉は持ち合わせていない。と言う意味なのだろうか?

確かに迫害されたと大げさな事を言っているようだし、いつも自分の意見と言う物がなく、
右翼でも左翼でも何かの理念を持っているわけでもなく、話をころころ変えながら
色んな方法で人々を騒がす事だけをして大衆から捨てられたような人が、
日本に行ってついに自分の声を発信できるようになったと言われても、信じがたい。
キムワンソプさんは昔も今も、自分のどんな言動にも、何の後ろめたさも感じないようだし。
(彼は歴史の人物を殺人魔だと決め付けて名誉毀損の件で訴えられた事と、民主化運動に
参加し二度投獄された経験を持って、日本では「韓国から迫害された」と言っているようだ。
とりあえず民主化運動した人の中にいい人がいるならその人々に失礼ではないかと思う)

もちろん私は彼の本を読んでもいないし、興味もない。よって
「そういうの関係なく、彼の本はグッドジョブ。」なら、文句はない。
別に彼に反対する気もないし、右翼と言うのが悪いとも思わない。
(関わるのは嫌ですが。いざこざになりそうな話は避けたいのでw)

だから誤解されないように(?)彼の(日本での)代表作をここにリンクする。
親日派のための弁明(文庫) 大きい本で、2巻も出ています。
(韓国では「新しい親日派のための弁明」(笑)の題名で出版した本が2巻なのかな)
それでは私のための弁明を書こう(笑)。私は彼の本に反対するわけじゃないし
彼の本を読んで信じてる人に反対するわけでもない。いっぱい読んで
いっぱい共感して下さい。読んではいませんが、彼がどんな勢力に使われていようと、
ある思想に徹底してるとしても、嘘ついてるかも~ってのは、印象論に過ぎないんで。

ただし、自分は親日派だから迫害された事にし、「親日派=自分の事」にしちゃうと、
親日派の方に迷惑だろうと思います。親日派問題は親日派問題として語るべきです。
こういう三流作家でもない作家志望の段階で死亡した人が混乱させてちゃダメです。

しかしまともな事が書けない人だとしても、日本の右翼思想を書いているのでしたら
日本の方が考えた事を書いてるわけだから十分まともな事が書いてあるかも知れない。
私は日本の右翼が悪いと思わないから(よく知らないし。思想とかを押し付けられると
落ち着かないが、私と無関係なら気にする事ないと思う。)悪書とは言い切れません。

韓国では絶販になってますが、圧力のせいじゃなく売れなかっただけです。
彼の本が禁書になってたと言う話をどこかで聞いた事があるような気がしますが
後に18禁になってるだけで普通に大人は買い求める事が出来るようになってました。
言論の自由は守られているわけですが、禁書にしたのも横暴ではあるが賛同する(ぇ)

代表的な親日派のイワンヨンは富貴栄華の限りをつくし死んだと言われますが、
私は「どこが悪い事なの?」と言った感じで、何が問題が分からないし興味もありません。
韓国では法律で親日派財産に対する動きがあるようですが興味のある、または関わりの
ある人同士で解決すべき歴史課題であって、反日感情を挟んではいけないと考えています。
ところで「キムワンソプ=親日派」だと思わせる事で、親日派=馬鹿ってイメージが増し、
私のように親日派問題の詳細も知らない人が「親日派は嫌だな」「親日派を探せ」とか
言い出すようになるかも知れない。ますます彼の本は売れ、親日派問題も本質と
ますます遠ざかるでしょう。意図的か分からないけど、こういうやり方は受け入れがたい。

このブログの初期に来て下さった29さん(で合ってるかな?)が、こういう事→
書いていたのを思い出した。(もう去年の11月か~…)「怖い話だな~」と思ったものの、
実感はまったく無かった。てか何の事を言ってるのか、完全には理解できてなかった(笑)
ところがキムワンソプの事だけ見ても、ある勢力の思想を書き、(自分の言葉も入れて
あるとは思うが)国内ではぱっとしなかった人物が、外国で儲かったってことを知ると、
なんだか世の中には複雑な事があるんだな~と思えてくる。(真の馬鹿は私のようです)

↓韓国で「親日派のための弁明」が話題になったとき、このような声が広まったようだ。
「ご存知の通り、キムワンソプと言う人は民主運動主義者や女性解放主義者ではもちろん
違います。だと言って男性主義や極右主義、親日派でもありません。キムワンソプは
普通の文の腕では売れる本を書く術がないため、人々を刺激する文を書き本を売るため
親日派のようにするのです。本が売れれば先輩も後輩も同士も国も売ってしまう人です。
もしも私たち全員が親日派だったなら逆に反日本を書き注目を集め本を売ったはずです。
すなわちキムワンソプを追放する一番いい方法は、絶対に彼の本を買わないことです。
本が売れなきゃこれ以上本を出すこともなく、餌を探して、韓国から去るはずです。
親日派のための弁明は、日本では一ヶ月でなんと40万部も販売されたようですね。
望み通りお金儲けさせてくれる国に帰化し、韓国ではもうやらないで欲しいですね」
怒った人々のこういう声通りに、キムワンソプは韓国では人気が出なかったわけだが、
読者が呆れて本を買わないのと、迫害されるのとでは、ずいぶん意味が違う。
彼を罵る人々すら「民族主義思想の多様性と歴史の再解析的側面では
認めるべきなのだが」と先に言いながら、注意深く(?)罵っていた。

歴史を再照明するのは有意義な事であろうが、韓国で人気が出なかったと言って、
あまり頭のいい人たちに利用されないで欲しいと思う。いずれにせよ、彼の本を読み
「韓国は全体主義国家」だとか「ファシストの国」のような印象を受けたような人が
いるような気がするのだが、それが私の勘違いで無ければ、やっぱり彼の本には
変なことが書かれてたり、または誤解しやすい表現が使われている可能性がある。
反日絵事件を「韓国ではそれが自然」のように拡大解釈してるみたいに。(古い話題だが)
もし本当にそういう類の本であるならば、まったく現実性がないように感じる。

まったく関係ない話になるが、村上春樹さんの書いた、ノルウェイの森という小説。
韓国でも「喪失の時代」と言う題名(原題も共に表記)で発刊され、ベストセラーになっている。
というのも10年以上前の話で、いつのまにかただのノルウェイの森で売れているのだが。
とにかく私は1989年に初販1刷が出たと書かれている、1997年に出た2版54刷めの奴を
持っていて、それを最近になって、ふと読み返してみた。中学のとき以来のような気がする。

思ったのだが思想とかイデオロギーみたいなのと関係なくなった「個人の時代?」の
世代が、そういうのが「自分の現実と無関係になっていく」ことに喪失感っぽいものを
感じていて、韓国と日本の若者が同じく共感してファンレター出しまくったわけで、
それで「喪失の時代」みたいな中学の時の私には意味不明だったタイトルで売ったのだと
考えられた。作者自身も時代の空気みたいなのを書いてみたかったと自ら述べていたし。

まあ恋愛小説としても読めるわけだけど、というか恋愛小説なんだけど、変なの(?)より
恋愛が重要になっているんだ。と言うことに激しく共感が出来るわけで、ヒロインの緑と
講義室を抜け出す(なんか分からん奴らを振り切って)場面に意味付与するような人が
上の世代には多かったわけで、まあ、今読めば恋愛小説。以外の何物でもないけど。

日本でもそう見たいで、今のノルウェイの森の文庫の帯には、「100%恋愛小説?」とか
の説明が書かれてるけど、それでは、作品の中身とずれた想像をする読者が多そうな気が。
いや、確かに恋愛小説だけど、なんか恋愛が売りじゃないように感じる。恋愛の時代だから
そう書いたろうけど、この本の売りは「時代の雰囲気と、その中での恋愛」なんだろうから。

そのせいか私がこの本を買ったときは「村上春樹」と言えば「喪失の時代」だったのに、
今は「村上春樹は好きだけど、ノルウェイの森はまだ読んでいない」と言う学生がいる。
もはや韓国でも日本でも、私が考えた意味でのこの本の影響力は残ってないのだろう。
私がこの本を買った書店に出入りした時期は小学高学年か中学の時のはずだから、
そりゃ古すぎる話題性なんだろう。と思うと何だが喪失された感じてちょっと悲しい。(笑)

話が大きくズレたがまたキムワンソプさんの話に戻るけど、そりゃジャンルはまったく
違うけど、既に失われた次代の話題である、全体主義民族主義みたいなのを書いてる本で
あるならば、(と想像すれば)歴史的価値はあるかも知れないが、現実性は感じられない。
時代を逆戻りしているわけだけど、そこまでして本が売りたかったのか。日本にスカウトされ、
いい結果(?)になったが、人々が地球の引力に縛られてるような、書き方をしているようだ。
それでシャアは自分のエゴのためにコロニーを落とす気になっている(よくわからない比喩)
しかし人は変われるし、もう既に変わって来ているのだ。と言うような事を書いたと言って
新訳ゼータの結末のネタバレはしないでね。よろしく。(DVDで最初のだけみてます)

だから彼の本はつまらないので、韓国人は知らないか、無視(当時の世代は)するのです。
彼と同じ類の作家(騒ぎを起すという意味ではなく、日本右翼思想がどうとか言われる)に
分類されていた作家でオソンファと言う方がいます。写真を見た限り笑顔が素敵な方
なのですが、彼女もまた韓国人(私の世代)は存在を知らないでいて、私と近い歳で
ゲームや日本の本を読むのが趣味の人のブログに、先月このような事が書かれました。

別に問題視して言ってはいない。「偶然この本の紹介をみつけたけど、本は読んでないから
何とも言えないけど、この紹介はひどいね。人の形は色々なのに韓国式愛を指定するのが
一つ。ヨンさま=韓国男としてるのが二つ。何よりも自国内でも起こり得ることを韓国人の
特徴だと言ってるのが一番の問題点だね。(中略)・・・もちろん紹介を信じた場合の話で、
こういう紹介は広報のために過剰に書いてたり、本文と関係ないかも知れない…(中略)
作家は中国系日本女性の方みたいだね。韓日関係を悪化させようとする中国の陰謀?」
と言う感じで外国向け(?)本は自国民には実感がないんです。だから興味を引けない。

似たような決め付け本でも、
↓これの方がずっと興味を引くし、読んでみたい気にもなれます。
韓国男性に恋してはいけない36の理由
もちろんこれも読んでいないし、紹介とタイトルだけ見ると
「韓国男性はこうだ」と決め付けてるので問題では?と思うかも知れませんが、
商売として可愛いレベルでしょう。むしろ私はこういう本は嬉しいです。
なぜならば「韓国人男性=ヨンさま」だと思い込む方がずっと問題だからです。

ヨン様はヨン様なので、「ヨン様も、実はこんな男だったのか」と言うのは頷けませんが、
商売として(略 と言っても、韓国では外国の芸能人を皮肉る本など受けないんだけどw)
この本の「韓国男性は」と決め付けるのは、間違いであるが、面白ければいいと思う。(ぇ
たとえば↓(内容を「厳選!韓国情報」で見つけました。そこも、たまには役に立つな(笑))

「 ■理由3.ぺっ!

   >韓国男性は、自宅以外の場所では、所かまわず唾や痰を
   >吐き散らかさないと呼吸さえ出来ない人間。
   >(道に光っていたものがあれば、それは痰。たまに、てんこ盛りになってるらしい) 」

道で光ったものは見た事ないが・・・これから気をつけなければ(笑)
とにかく韓国男性で唾を道にはきまくる人がいるのは事実で、歩いてると
なぜか唾をはくオヤジとよくすれ違う気がする。(別に毎日ではないが、
すれ違ったとたん「なんでいつもすれ違うの?なんで?」って鬱になる)
私が中学の時に嫌いだったクラスメイトも、道に唾を吐きまくっていた。
今は唾を吐くと言って、別に人を嫌ったりはしないが…おっと、オヤジの方を
悪く言ったが、知り合いの親父たちはそんな事ないのに、なぜか道では…(泣)
それと、私が通った中学の学生は、そういう事してなかったのだが、
最近、珍しいゲームをするため、遠いゲーセンまで遠征(?)に行くと、
中学生がカラオケボックスのマイクを盗むようて、やめろって書いてあったり、
カラオケボックス内に唾が吐かれてあって(!)、嫌な気になった事がある。
もちろんそういうのはごく少数で、善良な学生が多いと思ってる。でなければ
カラオケボックスが成り立つわけがないwちなみにそこはちょっと寂れた
暗い感じのゲーセンで、普通のとこ行けば全然そんな事ないんだけど。
有名ゲーセンは素晴らしいが、地元の学生の溜まり場みたいなゲーセンだと、
不良っぽい学生も出入りするみたいだ。いずれにしろ当たると不運なのは確か。


つまり何が言いたいかと言うと、反日がどうの、親日がどうの言ってる本より、
こんな本の方が少なくとも共感ができるし、現実性がある内容だから、マシと言う事だ。

もちろん、真に受けたらそりゃ、韓国男性は怒るだろうけど(笑)
「韓国男性が皆そんなわけない」と知って読むとすれば、私も人前で唾吐くのは
簡便して欲しいし、そういう男とは付き合いたくないので、(男だがw)面白く読めそうだ。

まあ、こういう書き方は立派とは言えないけど、目の前にあるなら立ち読みはしてみたい。
そして面白いなら許す。冬のソナタは1話しか見てないが、ヨン様は真面目で勉強が
できる男だった。そういうのが理想だとは私も思うのだが、息苦しいし、古い感じ(笑)
あ、でも、2話からは現代的な男になってるかも・・・ とにかく、ヨン様はヨン様であって、
韓国人の標準じゃ無い。この本はもっと標準じゃないが(笑)完全に嘘でも無いので。


うあ~~長くなりすぎた。
つまり私が言いたいのはこういう事だ。

作家の方!もっと現実的で、面白い本を書いてください!!

...と言うことにしとく。

現実を書いて人の共感を得ることは、とってもいい事だと思う。
ところで誤解を招くことを書いて、お金儲けしようってちゃ、楽しくない。
現実がごちゃごちゃになるかも知れないし、とにかく、面白い本が書けないと言って、
特定の人だけが信じる現実を作ろうとするとか、一方では納得するけど、ネタにされた
方はなんのことかさっぱり~な事を書くとか、そういうのは、邪道というものでしょう。

とさんざん言ったが、読みもしないで貶したり褒めたりしたのですので、あしからず(笑)
とりあえず私はつまらなそうな本は興味ないし、それを読んだからどうのと言われても
さっぱりーなわけなんですね。それを踏まえて、私に通じる言葉で話して欲しいんですね。

ここで韓国の漫画でも一つ。(某スポーツ新聞で人気連載中)





         ↑兄            ↑父          ↑弟


韓国男性は、つらい現実もユーモアにして笑う事ができる!と思いたい。(希望事項かw)
(ただの自虐ギャグだろ。・・・つうか外国の人が見ても笑えないだろう。これw)

たまに「軍隊の時の夢」を見て苦しむ人も多いようですが、時が過ぎれば
「当時はつらかったが、銃が撃てて面白かった」とか男の子っぽい感想を述べる人も多数。
(本当に人を殺す訓練があるわけじゃないしね・・・・)
兵役がどういうものになるかは、それぞれの運と努力次第なんですね。

やっぱり殺人技とか覚えたくないし、銃も撃ちたいと思わないので、
公益勤務とか、事務関係とかに、抜けたいと思ってるんですがw

そういえばclawさんのとこに「韓国の兵隊からはマジ殺すオーラが出る」
と書かれてた気がするけど、部隊によってはオーラが無いかも知れないし、
除隊すれば跡形もなく消えるよw でも一時でもそんなオーラを出したくねーわけでw

いつものように、終わり際には違う話になってるわけで(・-・)w
書いたり中断してゲームったりしてるので、そりゃそうもなるわな(ナニ)
■  [PR]
by no_tenki | 2006-03-22 03:20
<< 日本批評家の、韓国での講演を聴く WBC 日本優勝したーっ!Σ(... >>