はだしのゲン
下でこういうコメントがよせられて、思い出した事があります
>>日本の反核団体の「二度と核兵器が使われることの無いように」
という願いさえも理解しようとしないんですか。
(これは下の投稿の事ですが、その際は私が勝手に紅白みてたんだし
知人は日本語は完全にはわかりません。説明してやらなかったしw)

日本のミュージカルの「はだしのゲン」が韓国で公演された事があります。
私は興味があったので、その時の友だち2人(男1女1)を誘って一緒に見ました。

その時には何かイヤフォーンみたいなのを耳につけて、
通訳されたナレーションとかが流れて、韓国人にもわかりました
(しかし私ははずしてました(笑)







誰も悪く言う人はいませんでしたし、
2人はガッチリと心からその願いに同感してくれましたよ。
理屈じゃない実状を伝えた劇の後に、どうのこうのが入る余地などないです。

人なら誰の心にも伝わると思いますし、こういうのを色んな人が見て欲しいですね。
ナレーションのおじいさんが最後に涙を流してましたが、その当時「あのおじいさんも
何か思い入れがあったのだろうか」と3人で語りましたが今思うと、あれは演技?
そうは思えないけど、どこの国でも流すかは気になるところ(NYの次だったようだし)

いや知らなくていい。全然気にならない。思い出は思い出のままで…
ちなみに私は日本語会話の塾(先生は日本の人)で同じクラスでは最年少で、
周りのずっと年上のクラスメイトに一目置かれたりしてましたよ(爆)はだしのゲンは
その時に見ました…しかし今はただのインドア派オタクです。成人してしまったし(笑)
[PR]
by no_tenki | 2006-01-02 19:11
<< ため息 個人と国と? >>