暴走機関車について
面白いページを見つけたので、それについて書こうと思います
韓国漫画、「暴走機関車」を紹介したページ!!!
e0068202_1065679.jpgなんと、韓国のそこそこ人気のあった(過去形)少年漫画作家、
JoeJaeHoさんの「暴走機関車」が日本語で紹介されてマシタ

実は私は彼のデビュー作「ダイエット・ゴー・ゴー」の時のファン。
設定は超能力格闘物なんですが、その超能力と言うのが
「特殊なダイエットチョコを食べれば、脂肪が全部戦闘筋肉と
超能力に変わり、脂肪の圧縮率が高ければ高いほど強くなる」
つまり主人公の800kgの超肥満児の男の子は超強くなるわけで、
主人公にチョコを渡した美少女も、実は超太った肥満児なわけで、
そんなユニークな(イッちゃった?)設定だから、とても面白かったです。
「あしたのジョー」とは逆に、それ以上食べれば死ぬって状況で無理やり
体重を増やして戦闘力にする奴が出てきたりと…懐かしいですね。
韓国はその時、ダイエットブーム。時代に乗った作家ですな(本当か?関係ない気も…)





e0068202_8111622.jpgダイエット・ゴーゴー10巻の表紙。
人物は敵ボスの息子で、生まれながらESPが使える超強敵ですが、

精神年齢は幼児。利用されっぱなしでパパを叫びながら死ぬときは切なかった

ちなみに敵ボスは日本人しかも狂信者の多い宗教の主で自称神でおまけにオカマです

ギャグキャラのようですが、とてつもなく強いです


e0068202_8145574.jpgこれは14巻の表紙。最終巻だったかは定かではないけど、ほぼ最終巻(のはず) *確認したらヤッパ最終巻

さて、この表紙の人物もまた日本人という設定。名前はヨシキで。(名字?そんなややこしいモノはないです!)
主人公の一番の親友であり恋のライバル。敵ボスへ利用された復讐をするって設定なんですが。こいつが主人公よりかっこよかった 北斗の拳で言えば「レイ」かな…(けっこ違いますが…途中で死んだりしないし!)

もちろん敵味方に黒人とか色んな国の人がいたような気もしますが、韓国人と日本人キャラしか覚えてないんだよな…(笑)

とりあえず敵ボスと最大の友が日本人という事で、韓国の少年たちとって日本がどれだけ効果的な素材だったかが垣間見れますね。(あの時はぜんぜん気にしなかったもんだが…w)

*今思えばボスは国籍不明だったような気もします(東洋人で名前はアンドレ・チョだし)



おっと、暴走機関車を…と言っといて、このままじゃキリがないです。


さっそく書きたいですが、実は 暴走機関車は読んでいません


なんだそれ!ファンだったんだろ!という突っ込みが聞こえてきますが…


まずは暴走機関車と言う漫画の詳細について。



あれって、JoeJaeHo氏の師匠が、完結させる事が出来ないまま他界したので、


漫画家としてデビューしたし、自作は師匠の漫画を・・・


と言う事で始めたサッカー漫画。



しかし私は 思いっきりサッカーに興味がなかった...



JoeJaeHoさんのあのユニークなギャグとアイディアが見たかった



もちろんプロットだけ受け継いで、オリジナルの漫画を書き上げるだろうけど、



サッカー漫画ならたかが知れている。ぶっとんでもありふれたぶっとんだ漫画(?)になる



それになんだそれ。シュートでゴールキーパーが死んだ?



どこのアストロ球団ですかそれ

(当時はアストロ球団は知らなかったんだが...)



そんな80年代テーストのする漫画を描かせてもらいたくないんだよ!




と言う事で見なかった...のは言い訳で、サッカーに興味がなかっただけ





私には、左右ページ一杯使ってサッカーの試合を描いてる漫画なんてつまらない

しかしなんと、前の面白い漫画を書いた時より、サッカーブームに乗った

この漫画のほうがアンケートの成績がいい
 と言う受け入れたくない結果

いや、これも面白いし、作家の実力もあっての事だろうけど、私は前のが好きよ...

まあ、韓国漫画雑誌、見なくなって来てたし。(日本漫画にだけどっぷりはまった…

のは別に日本漫画フリークではなく、事実韓国漫画のレベル低下が原因…と思いたい)













まあ、そんで、見なかったんですが、あんなモノ書いてたのね (・ω・)


うん?あの台詞のどれが問題なの?


…ってのは冗談だから怒らないでね (・ω・;;;)




いやはや、あんな日本人って、帝治下の時に広まった、間違った日本人像

ではないかと。あんな優越主義の日本人、その当時も稀だったはずだと、私は思う、

のですが、先祖たちにはそういう日本人しか印象に残らなかったのか… たぶん

日本人でもそんな人は下っ端か、無視していい人なはずなのに(爆)

さて、想像はこれぐらい述べるとして、現実問題、現代において

そんな昔の悪いイメージをひきずってるって問題ありますよね。

あの描き方だと現実性がまったくなく、誰も真に受けないが、

幼い読者や、まったく白紙な読者が見て誤解する可能性がある

そして、他国へ対する妄想イメージをデフォルメしてキャラを作るなど、失礼だろ。

私は作品だから構わないと思うのだが… あの嫌韓流も構わないと思うし。




ま、あれで怒ったり文句つける方がいるなら、謝りますが、

暴走機関車も少し古い漫画だし、(のわりに、完結は今年なのだが…)

今時の子で、あれを見て真に受ける子はいないと思うので、ご心配なく。


親交に亀裂が入るとか、私には台詞が丸見えなのに、

別にひっぱる部分でも無かったような気がしたのに…

ただ唯一心配なのは、

日本にJoeJaehoさんが悪い作家として知られる事


これはちょっと嫌だね (ノω;)



やっぱり




ダイエットゴーゴー2を描けばよかったよ



と無理やり私好みの結論で終わり




(しかし22巻までも連載したのか…さすがサッカー好きの国… 現実を思い知らされる Orz)









おまけ

最初のページの、「それに対しコイズミは・・・思いっきり挑発します」の
とこの台詞のフルバージョンでも。

「…」 「なぜ?なぜかって?まだそれが分からないのか?」
「それはお前らの愚劣さのせいだ!我々は貧しく飢えてた
 韓半島の開花期に進出し、韓国を近代化させたんだ!」
「それに偉大な大東亜戦争にまで参加させ、お前らに
 皇軍として名誉ある死を遂げさせてくれたんだぞ!」
「そ・・・それなのに、チョウセンジンどもは感謝はおろか
 相変わらず謝罪しろとだけ言っている!捏造した歴史を
 ほざきながらな…!」 「弁償?ホン!いくらだ!いくら欲しい?!」

Orz 嫌韓さんもそこまでは言わないよ・・・・・・・・(いや言う人いたっけな)
嫌韓の皆さんは、韓国人の妄想イメージそのままが日本人であると
勘違いされないように、程ほどに楽しみましょうね。

コイズミ登場の時に、(右下にプロフィールの場面)
「弱冠20歳!しかし、現状の日本の若者たちとは違って、意識のある行動と発言をし…」
とのアナウンスで、どんでん返しのための前振りをするところで、作者の意図を感じます?






おまけ2

ネットでレビューを検索して、また挫折
 ↓こんな成年漫画染みた体型をお描きになるとは…
   先生はいつの間にこんな作風になられたのだ…!?
e0068202_1010073.jpg
ちなみにあれなシーンではなく、記者たちの嫌がらせに激怒した主人公が
善意な女記者なのに、来たとたん「お前ら記者は~」と怒り出すシーンとの事。
直情な性格ですね。韓国人でこんな困った人が多い事は認めざるを得ません。
[PR]
by no_tenki | 2005-12-02 08:49
<< 管理人は只今サンダーブレークの... ドラゴンラージャの紹介 >>