【また日本か】「青森が教えなければ灯篭はなかった」と起源捏造
題名はパロディなので気にしないように(笑)うーん、シュールすぎて笑えない。
最近こういうネタ探してないんですが、(きりがねぇよー)タレこみがあったので一つ。

【国際】韓国が『ねぶた祭り』をパクった上に起源を主張しユネスコに申請 青森が抗議しなかったばかりに……★2

燃灯祝祭を無形文化遺産に申請するという話について「ねぶた祭りをパクった上に」
と主張していますが、少し考えてみてください。ユネスコもそこまでバカではありません。
昨日今日で始まったことを文化遺産に指定するほどボケてはいないはずです。多分

だいたい上の記事では「過去」青森県が技術を伝えたばかりに…となっているけれど
過去がいつなのか定かではありません。ガジェット通信の記事をたどり、さらに
そこでソースとしている記事をたどりました。ここが最終終着点です。おや。

過去ってどれほどの昔だろうと思ったら実は2005年だったようで、
今の韓国の燃灯祝祭の歴史は1955年の提燈行進の流れを汲んだものσですし、
その起源は新羅の燃燈會σで中国伝来らしいσですが高麗では国家的行事にまでなった
仏教の法事です。ちなみに日本にも灯篭は仏教伝来です(とWikipedaiに書いてあった)

さて件の記事では「青森県が技術協力したから」パクリだと言っているのですが、
これは文字通りの技術協力と見るべきであって、「青森が何もかも教えたから今の
祭りがある」とするのは単なる捏造です。僕が子供の頃も、仏陀の誕生日にお寺に
行くと、虎とか仏像のデカい灯篭はありました。実際、2003年の祝祭の様子σを見ても
そういうのはごろごろ出てくる。「2005年に(去年から)技術協力したから今の韓国の
祭りの形がある。青森県は抗議しろ!」って無茶にも程が…それはお前らの願望だろうが。
(Webarchiveでソースσを見たら、「技術協力で去年から教えた」とするにも根拠が乏しい)

僕は去年の燃灯祝祭世界燈祭り(*訂正)を観に行きましたが、日本の職人の方々も
参加されていて、日韓交流が行われている良い祭りだったんですけれど、いきなり
「青森県をパクって…」という記事を目にして面食らったものです。いつパクったんだ?
こんな記事書く前に青森県のねぶた祭りの人にインタビューでも取ってくればどうなんだ。

「青森県の祭りの歴史がもっと深い。ユネスコに登録すべきは青森県のねぶた祭りだ」と
いうことなら、その歴史を大事にせずほったらかしにしている日本国内の人に抗議すべきです。
しかしそうではない。単に韓国民はパクり民族で恥知らずだと主張したいだけなのでしょう。

どっちがだ。韓国が何かをパクったという主張には何の疑いも持たないお前らの脳みそじゃ
理解不能でしょうが、お前らは青森県を韓国の祭りの起源とする捏造主張をしているのです。
しかも青森の人抜きに。青森の人とは仲良くできても、お前らとは仲良くできねーよ。近寄るな。

ps) 燃灯祝祭のコース (1955~1975 曹渓寺と鐘路一帯、1976~1995 汝矣島→曹渓寺)
太古寺という歴史あるお寺が1954年に曹渓寺に名前を変え、その次の年に行った提燈行進が
今の燃灯祝祭の最初ですので、無形文化遺産とする理由は仏教行事としての歴史からでしょう。
「大型の芸術的燃灯(日本で言うところのねぶた)」の起源主張とはさっぱり関係がないわけです。
実際、文化財庁がユネスコに登録申請したのは燃燈會であってねぶたではありません(仏教新聞)
ユネスコが決定を下すのは2013年11月の委員会らしいですので、抗議するなら今のうちです。
何しろ、無形文化遺産としてどうよという話で、起源はどこよという話ではないと思いますが。
仮に無形文化遺産になったとしても、ねぶた祭りが否定されるわけではないということです。

ps2) 近年、ねぶた祭りの影響がある可能性は大いにある(実際に交流があるわけなので
と思いますので、関係者のインタビューを取ってきてください。くれぐれもねぶた祭り掲示板で
「韓国がパクった!抗議しないのか?」と詰め寄らないように。相手する気が失せると思います。

ps3) ps2でリンクした「世界燈祭り」は日本、中国、台湾、フィリピン、ニュージーランドからの
出品があったので、「どこかに技術の起源がある」という発想が僕にはなかったな。台湾にも
大型オブジェがあるっぽいのに、「青森が技術を伝えた」という話を聞かないのは何故だろう。

ツイッターを作りました。(これで「ブログ終わる終わる詐欺」も終わるのか?!)
ガジェット通信さんの後続記事を拝見しました。予想を上回るクオリティでした。
[PR]
by no_tenki | 2012-04-03 11:08
<< ガジェットニュースさんがやって... やられたねぇ。一本取られた >>