孫正義の「脱原発は日本の話」との発言は韓国メディアによる捏造
韓国で孫正義氏は、ご自身の口からだと、「自然エネルギーを広めよう」と話していました。
この記事の一番下に動画あり。日本語で、自然エネルギーへの投資を訴えていることがわかります。しかし
題名と書き出しが「脱原発は日本の話。韓国は違う」となっており、コメント欄に「内容と違う」との突っ込みが)


しかし午後に李明博大統領と話したときには、「脱原発は日本の話だと言った」と
青瓦台の金相浹(キム・サンヒョブ)グリーン成長環境秘書官が伝えてます。
(韓国のニュース記事の題名と書き出しに散見するこの発言は、孫正義本人の発言ではないわけです)

一般には聴けない会話ですが、本当にそんなふうに言ったんでしょうか。

ちょっと記者懇談会での孫正義氏ご自身の発言から抜粋しましょう。
*インタビューと書きましたが、正確には記者懇談会での質疑応答でした。訂正します。

-이명박 대통령과 만난 자리에서 화력을 낮추고 신재생 에너지의 필요성을 말했다는데, 한국은 원전 의존도를 높여가는 정책을 갖고 있다. 어떻게 생각하는가.

"이 대통령과 한 시간 동안 청와대에서 면담을 했다. 먼저 알아둬야 할 것은 나는 한국 정부의 원전 정책에 대해 어떻게 하라는 요구를 할 수 있는 위치가 아니다. 원전에 대한 정책은 한국이 결정할 일이지만, 그 밖의 65%의 에너지가 화력으로 얻어지고 있는 것은 사실이다. 화력은 앞으로 비용은 점점 늘어나고 이산화탄소 문제도 있을 것이다. 이 65%라는 비율을 40~30%로 줄여 나가야 한다는데 이 대통령과 의견을 같이 했다. 또 한국은 에너지 자원의 90%를 수입에 의존하고 있다는 것도 사실이다. 따라서 한국과 일본이 협력을 통해 최첨단 기술을 개발해, 전세계에 함께 공급해 나가자는 의견을 제안했고 이 대통령은 공감했다. 현 시점에서는 그 비용이 원전과 화력보다 높겠지만 10년 후, 20년 후에는 동등하거나 그 이하로 떨어질 것이다."


-李明博大統領と会った席で、火力を落とし、新再生エネルギーが必要だと言ったようだが、韓国は原発依存度を高める政策を取っている。どう考えているか。

「李大統領と一時間の間、青瓦台(大統領府)で面談をした。先に言っておくべきことは、私は韓国政府の原発政策に対して、どうにかしろと要求できる立場にいないということだ。原発に対する政策は韓国が決めることだが、そのほかの65%のエネルギーが火力から得られていることも事実だ。火力はこれからも費用がどんどん増え、二酸化炭素問題もあるだろう。この65%という比率を40~30%に減らすべきだということに、李大統領と意見が一致した。また、韓国はエネルギー資源の90%を輸入に依存していることも事実だ。したがって韓国と日本が協力を通じて最先端技術を開発し、全世界に一緒に供給しようという意見を提案すると、李大統領は共感を示した。現時点ではその費用が原発と火力より高いだろうが、10年先、20年先は同等であるかそれ以下に落ちるだろう


原発を海外に輸出する気満々の韓国の立場を配慮(?)し、
言葉を濁してますが、10年、20年先には自然エネルギーを
原子力と火力より経済的なものにする。という話をしています。

それなのに、「脱原発は日本の話」という見出しの記事が作られ、
韓国の全メディアにコピー&ペーストでバラまかれるわけですから、
孫正義氏もさぞ無念なのではないでしょうか。なにせ韓国のメディアは
殆どが政府寄り
。聯合ニュースみたいな大手の記事をコピペするだけです。



もちろんごく一部では疑問の声があがっています。

孫正義が話を変えたのか?青瓦台の針小棒大なのか? (views&news)

손정의 소프트뱅크 회장이 20일 "일본에서 최근 일어난 원자력발전소 사고를 거울삼아 각국의 기존 에너지 정책을 바꿔내야 한다"며 한국에 원전 의존형 에너지정책 수정을 촉구했다.

손 회장은 이날 롯데호텔에서 열린 '글로벌녹색성장서밋 2011' 행사에서 "일본에서 일어난 사고로 바다와 대기를 오염시킨 것에 대해 한국을 비롯한 인접국들에 미안하다는 생각이 들었으며, 이를 계기로 원자력에너지에 더는 의존해서는 안 된다는 생각을 했다"며 이같이 말했다.

그는 "현재 일본에서는 신재생에너지의 비중을 높이기 위한 법안 제정이 추진되는 등 변화의 움직임을 보이고 있다"며 "한국의 에너지 정책에 대해 간섭할 수는 없지만, 충분히 이 상황을 참고할 수 있을 것"이라며 한국에 기존정책 전환을 거듭 조언했다. 그는 "한국은 삼성이나 LG 등 세계적 대기업들을 보유하고 있어 기술력이 매우 좋은 나라"라며 "앞으로 30~40년을 내다보고 신재생 에너지에 대한 투자를 늘려야 한다"고 덧붙였다.

손 회장은 이어 청와대를 찾아 이명박 대통령과 면담을 가졌다.

그러나 김상협 청와대 녹색성장환경비서관은 손 회장이 "탈(脫)원전에 대한 건 일본에 대한 얘기"라며 "지진이 많은 일본과 한국은 (상황이) 명백히 다르다"라고 말했다고 브리핑, 손 회장이 말을 바꾼 것인지, 아니면 청와대가 손 회장 발언의 일부를 침소봉대한 것인지 논란을 자초했다.

김 비서관은 "손 회장은 한국이 원자력을 안전하게 추진하는 것에 대해 'respect(존경한다)'라는 표현까지 썼다"고 주장하기까지 했다.

다른 청와대 관계자도 "손 회장은 이날 면담에서 '일본이 지진대가 있는 지역에 원전을 지은 것은 Big mistake였다'라는 표현을 쓰면서 '한국과 일본은 그 점에서 명백히 다르다'고 말했다"고 거듭 한국원전의 당위성을 강조했다.


孫正義ソフトバンク会長は20日「日本で最近起きた原子力発電所事故を教訓とし、各国の既存のエネルギー政策を変えるべきだ」としながら、韓国で原発依存型エネルギー政策の修正を促した。

孫会長は、この日、ロッテホテルで開かれた「グローバル緑色成長サミット2011」イベントで「日本で起きた事故で海と大気を汚染させたことについて、韓国含む近隣国に申し訳なく思っており、それをきっかけに、原子力エネルギーにこれ以上は依存してはならないと思うようになった」と次のように話した。

彼は「現在、日本では新再生エネルギーの比重を高めるための法案制定が推進されるなど、変化の動きがみられている」とし、「韓国のエネルギー政策に私が干渉することはできないが、この状況を参考にすることは充分に可能なはず」といい、韓国に既存政策の転換を繰り返し促した。彼は「韓国はSamsungやLGなど、世界的大企業を保有しており、技術力のとても高い国」だとし「これから30~40年先を見通し、新再生エネルギーに対する投資を増やすべきだ」と強調した。

孫会長は、次に青瓦台を訪れ、李明博大統領と面談をした。

しかし金相浹-青瓦台緑色成長環境秘書官-は孫会長が「脱原発のことは、日本に限った話」だといい、「地震の多い日本と韓国は(状況が)明らかに違う」と話したとブリーフィングし、孫会長が話を変えたのか、それとも青瓦台が孫会長の発言の一部を膨らまして発表したのかとの物議を招いた。

キム秘書官は「孫会長は、韓国が原子力を安全に推進していることに対し、「respect(尊敬している)」という表現まで使った」との主張も付け加えた。

別の青瓦台関係者も、「孫会長はこの日の面談で《日本が地震帯のある地域に原発を建てたことはBig mistake(大きな間違い)だった》という表現をしながら《韓国と日本はその点において明らかに違う》と話した」といい、韓国原発の正当性を強調した。


いかがですか?はたして真実はどこにあるのでしょう?

はっきりしていることは、見出しを「脱原発は日本の話」

「日本と韓国は異なる」などにしている記事は、

明らかにバランス感覚に欠けているということ。

孫氏の主張したいことはそれじゃないからね。

しかし、韓国ポータルで検索すると「脱原発は日本の話」という記事だらけ。

もちろん探せば突っ込む記事も出てきますが、殆どが政府発表のまる写し。

これって、日本的にいうと韓国政府の大本営発表なんですよ。

米牛の追加協商のときもそうでした。向こうの言っていることと、

政府の発表がことごとく違う…まあ、このたびは全部が嘘ではなくて、

孫氏が会談で言ったことから、使えそうな箇所を切り取ったのだろうとは思いますが、

脱原発のメッセージと取られることを懸念しての政府発表なわけですから、

少なくとも韓国が嫌いだから孫正義を嫌っている人がいるとしたら、

お前ら韓国政府とメディアを信頼しすぎという突っ込みは妥当かと。

「人々は原子力にあまりにも慣れている。だからこそ原発事故というものは極めて危険だ。韓国の場合、地震が殆どないため日本よりはずっと安全に原子力発電所を運営できるだろう。しかしこのページを見てもらった理由は、全世界の大規模原発事故の原因は全て人災だったということを見てもらいたかったからだ。人のミスでそのような事故が起きた。作動ミスというものはどの国でも起き得るということだ。地震がないといって、決して安心して気を緩めてはならない」

「今日の午前のサミットで基調演説を終えて、青瓦台で1時間の面談をした。基本的に、私たちは韓国政府に対して、どのようなスタンスを取れと言える立場ではないと考えている。ただ日本の場合は、全世界で最も地震が多い国であり、原発に過剰に依存することは極めて危険なことだと考えている。原発に対して、韓国の政策がどうなるかは差し置くとしても、65%もの電力が火力を通じて得られることは事実だ。この火力は間違いなく費用が増えるはずであり、二酸化炭素の問題も大きくなるだろう。65%という比率を、韓国でも40%、30%に減らしていくべきだという事実には李大統領も頷いた。また韓国では燃料の99%を輸入に依存している。そういったことを考慮すれば、自然エネルギーを基本とする新再生エネルギー政策を基盤にすることに、李大統領も共感を示してくれた。だから日本と韓国が協力をしていこう。私は信じている。いまのところは原子力や火力が再生エネルギーに比べて多いが、いずれ追い抜けるだろうことを」

- 孫正義が韓国の記者懇談会で言ったことの全文書き起こしから一部抜粋
(*韓国語の書き起こしからの翻訳なので、二重翻訳になってしまってますが)
「韓国は緑色成長という標語を盾に国策で原発推進中」という現状を踏まえた上で、
「自然エネルギー推進により最終的な脱原発を目指そう」と懸命に促していたようです。

ps) 上記の動画を発見!(大統領府会談も聴けるといいのだが…)二重翻訳ではない生の声をどうぞ。
上記はそれぞれ「00:19:40~」、「01:29:50~」の発言の同時通訳の文字起こしの翻訳になります。
やはり通訳だと言ってる順番が変わったりしちゃうんですね~あとほかは韓国の記者からの質問だけど、
原子力とコストについての質問はNHKの記者から。「李明博大統領も共感を示した」との返答の前提に
「韓国の防衛のためにも大切」という話があるが、通訳で抜け落ちてる。わざとじゃないんだろうが残念だ。

[PR]
by no_tenki | 2011-06-22 07:48
<< 「我々は日本だけには負けたくな... おお、仲間がいた >>