心残り

1年ぶりのついでのついでの無駄話。(ついで多すぎだろ)






1.前に誰かさんと「韓国のトイレは紙を入れると詰まっちゃうので、きっと日本より便器が古いのだろう」みたいな話になったことがあるがとんでもない。普通に紙の質が違うのだった。解けない紙より解ける紙のほうが高級かもしれないので紙が劣っている…ということになるかもしれないが、いずれにせよ、ただ紙の問題なのに「詰まるので外から持ち込んだトイレットペーパーは使わないでください」という文章をどっかで見てから気付くなんてオレってバカだ。と言いたいが、日本のトイレはどこもどんな紙を入れても詰まらないのかもしれない。このへんは研究が必要だ。

2.ボンなんたらという韓国の野球選手(投手)が日本の打者を3進アウトさせるところを義士の蜂起に例えたイラストがあまりにもシュールだったので笑っちゃったことがあるが、(ご多分にもれず、しなくていいのにここで紹介してしまった)いまとなると「人殺しで笑う気違い朝鮮人!」と言われたせいではないが、なんで笑えたのかすっかり忘れてしまった。ぜんぜん笑えない。しかし最初はたしかに笑った…ので、ふと考えてみるとこれって、不倫物のエロゲーを楽しむようなものではないかと思える(例えがおかしくてすみません。こんな人種なもんで…汗)つまり自分が不倫被害者になったら絶対にそんなもの楽しめるわけないし、そもそも現実の不倫に興味なんてないが(そんなん楽しいわけあるか!)エロゲだと心起きなく楽しめるからいいというか、だってエロゲの中に本当の夫とか子供とかはあまり存在を強調しないか、強調する場合は不倫というシチュエーションの背徳感を盛り上げる装置として登場するのみだ。韓国義士に処刑される日本打者だってそういうシチュエーションのために存在するわけであって、本気で憎悪して殺すだとか、そんなマジな話をされるとすーんと冷めてしまう。だから笑えなくなるし楽しめなくなる…と言いたいがたとえがひどすぎてうまくまとまらない。それよりネットの掲示板で見かける嫌日・嫌韓なやからの「○○人云々」のほうがこのたとえに近いんじゃないか。実際に身近に○○人がいたらそういう脳内ロープレはできないだろうが、普段接することはないのでバーチャルから覚めることがなく存分にネット設定の○○人談義を楽しめるわけだ。そういう意味で彼らの世界観はとても狭い。というかたぶん社会に出ていないんだろ。今は国際社会なんだからな。

3.このブログは人の興味惹きたくてわざわざ挑発的な異見を引っ張ってきた記事が多すぎる。いちいち何がどうしたって訂正するつもりはないが。(今さらだが非公開にするとか削除にするとかはできんのだ。途中でそういう誓い立ててしまった。おれとしてはもうどうでもいいが…)だからこのブログが存在することが、日本のネットユーザーの諸兄に悪影響を与える恐れがあることが一番の心残りである。「韓国人ってこんなこと考えるんだ」などと思われそうで怖い。韓国人の考えを知りたい人はネットを見ないで韓国の言葉をおぼえて実際に話してみたほうが手っ取り早い。おれの考えが知りたい人はブログを鵜呑みしないでメールで聞いたほうが確実。メールではぶっちゃけすぎて反応に困ることが多々あります。

こんなくだらないダメブログなのにいろんな知り合いができたことをうれしく思います。というか1と2がずっと頭をよぎっていて、書いてしまっただけなのでこれ全部蛇足だけどね。このブログでみんなに見てほしいのは転載してきた漫画だけよん。つまりおれの戯言なんて無意味だと思うのよん。もう誰もが気付いてると思うけど単に日本語で思いついたこと書いてみたいだけなのよん。特に仕事があるときにこの症状が起きる。(ダメだろ)

そんなBlog主でしたがサヨナラしたのにまた書いちゃってすみません。まあ、もう書くこともないだろう…(本当かな)新しいことは書かないので、これ以上気がかりが思い浮かばないなら本当に終わりです。安心して!終わる終わる詐欺じゃないから!もう終わってるから!追伸してみただけだから!


さて、せっかくかっこよく終わらしたんだから、前の記事とか、その前の記事とかに戻ってください。頼みます…これのことは忘れて…(もう遅いだろ)でもおれは書いてすっきりした。いいだろ!それで!(ブログはお前の落書き帳じゃないんだよ!←これに気付くまで3年かかりました。本当に申し訳ありません)
[PR]
by no_tenki | 2010-06-21 01:04
<< 太鼓の達人と私 1年ぶりのついで >>