ちばてつやはやっぱり謝っていた
誤解の元になった記事 「日本の作家を代表して謝罪します」
そしてそれに対する釈明 「仮定の話を前提とした回答でした」

ちばてつや氏が訪韓してたのですか。ファンの質問の機会もあった!?
質問はしないとしても人目見たかったな...(写真なら見てますが実際に)
あしたのジョーは大好きです

さて捏造と言う声がありましたが、言い回しが違うだけで、
同じことだと言っても過言ではないと私には見えるのです。
それが通訳が必要な外国語ならなおさら。

回答内容は「こういう意味で言ってたのです」という言い逃れであって、
「そんな事は言っていない」という主張ではないわけで、
仮に発言そのものが違うとしても捏造というより誤解の類なのでは~
と思うんですけどね。韓国では、(どこの国でも?)大手新聞社で
嘘をつくなんて事は常識的に考えられませんし。
(それにこれは有名人であり公の場なのですぐばれる嘘です)

「日本の作家を代表して謝罪します」で終わっちゃうところがとても臭いですが、
読んでないのにその場で悪い話を聞かされたなら、ちば氏の性格を考えて
「本当にそうなら謝ります」と言う事は有り得るし、ホームページでの釈明も、
わかりやすく解いただけで、元々「本当にそうなら誤ります」的発言だった。













誰でもよその国に行くなら普通に言うだろうって発言。(嫌韓ならともかくね)
そんな当たり前な発言が、なぜ釈明文まで出さざるを得なくなっちゃうのか?

これはあくまでも想像ですが、嫌韓な人の文句が一杯あったからでは?
今回のホスト国のせいで混乱しました。公式発言じゃないです。とまで付けてるし。
そんな弁解までわざわざしないと行けないぐらいに抗議が来たのかな。嫌韓から...
ならば恥ずかしいですが、誤解されてるならそりゃ釈明するべきですね。

しかし釈明文でも明らかに「そういう意味ではなかった」
とだけ書いてあるものを「謝ってなかった」と言うのも
捏造と言えば捏造ではないか。都合のいい解釈。
それが嫌韓スタイルであることはもうしみじみ
わかったので文句も言えませんけどね。

そんなわけで釈明文は「ちばは謝っていた」
という事への何よりの証拠。なのに
「捏造だ」「誤ってない」とか何言ってるんだよ~と。
まぁ いつもの事だけどね。

注1 「ちば氏の性格」と言ったのは色々な記事(最近では某成人コミックの
裁判に対するちば氏の発言とか)を覚えてるので、それによってちば氏は
視野の広い方だろうなとわかるって事。本当に人柄を知ってるんじゃなくてよ(笑)

注2 でも「日本の漫画家を代表して謝罪します」という話はしなかった!と言ってるから、
その一文は捏造だった(笑) それがあっても無くても、発言の意味はそのままだけどね。
だとしても、なかった発言を付加えるなんて!やっぱり酷い国だ!益々嫌いになった!(笑)
「この捏造について、本当に捏造なら、韓国の新聞社を代表して謝ります」
...こんな当たり前なこと言うのに権限なんか必要ないよ。だからそう責めるな(笑)

注3 なんか色々悪く言ったみたいだけど、この発言に対するプロダクション側の
対応の速さは本当に賢明だなと思うわけで、しかし本当に抗議できるのかな?
韓国でのイメージが悪くなったら大変だろうと思ってフォローした捏造かも知れないし(笑)
(もちろん本当に捏造ならいい事だとは思いませんけどね。常識的には信じられません)
[PR]
by no_tenki | 2005-10-05 05:01
<< このブログの検証!に対するコメント ドクト(竹島)問題をどう打破するか? >>