下の「韓国の反日映画について」の追記

オソンホァさんとキムワンソプさんをあっさり切り捨てちゃってるな~
というのは自覚していますけど、持ち上げすぎるのもよくないですよ。
自業自得の部分を伏せて迫害された良心ある者のふりをするのって、
あなたがたも嫌っていることだと私は思います。だから盲信は禁物です。

「葉問」はストーリー的に日本人は悪者でしかないんですよ。実際の歴史とも違うから、
今中国共産党はああいうことをやっているのに、こんな歪曲映画で日本をやっつけてて…
…みたいなふうに突っ込むことはできますが、面白いし明らかにフィクションなので私はOK。
ただ、これも韓国が作ったら、突っ込みどころがすべて反日=嫌韓ネタになるだろうな。と。

つまり、皆さんは「反日映画」のレッテルを張り、日本が悪く出れば観客が入る…みたいな
妄想をしてるけど、「日本沈没」ぐらいのすごい題名でなければ、そんなん興味を惹けない。
「悪者の日本人を倒す」を売りにする映画があるなら、観客は足を運ばないということです。
「葉問」のような物語だと、情緒や価値観的に感情移入がしやすく、映画の展開的に最後、
悪役(日本人ですね)をやっつけて「痛快だった」と感じることができるわけです。結果、好評。
それを一概に「日本人をやっつけるのが楽しいから、そういう映画を見にいくんだ」ってのは…

「葉問」は「素手で日本に立ち向かった男!」というキャッチフレーズがパンフレットにあって、
(それより拳法を売りにしろよ)「いまどきこういうストレートなキャッチって、ありなのか?」と
言われてるし、どうも口コミが広まらない。ちゃんと魅力を伝えないと。抗日は魅力にならん。
だが、武術を期待して入ったのに、(日本が悪すぎるとウンザリするだろうな、とも思ってた)
しっかり物語りが立ってるから、主人公にちゃんと感情移入できて、悪役に対して怒りを感じ、
それがちゃんと爆発して終わる。単純すぎる善悪構造だが、いまどき珍しいし逆にイイ!と
思ったわけで、結果「日本人空手家を倒して痛快」ってことになりますが、反日かな…とね。
しかし、これ韓国がやったら、「極悪反日映画」になるのは間違いないな。とね。…偏見か?

韓国だって皆さんの妄想するような「反日」的なのやったら、誰も近づきたがらないだろう。
ということを話したくて、風のファイターって男優が売りだったんだよ…と話したわけですが。
「狂ってるのは一部でオレはまともだ」と言っているつもりではなくて、オレが感じたことを
書いただけってことをわかってほしいですね。韓国だと「葉問」のストーリー見ただけで
ウンザリする人いるし。やはり「今中国は日本倒している場合じゃない」って感じで。
でも俺は観て、中国は尊敬に値すると思った。なぜなら…(それは既にに書いた)
[PR]
by no_tenki | 2009-04-21 00:38
<< なんでも反日の二文字で理解する... 韓国の反日映画について (香港... >>